ビタミンB2の多い食べ物ランキング! - 種類が豊富なビタミンサプリは比較が必要
  • ビタミンB2の多い食べ物ランキング!

    お肌の生まれ変わりを促進して健康に保つ働きがあるビタミンB2(リボフラビン)。
    この栄養素はシミ・そばかす対策にも有効です。


    ビタミンB2の1日の推奨摂取量は、厚生労働省が発表した日本人の食事摂取基準2015年版によると、成人男性ならば1.3〜1.6mg、成人女性ならば1.1〜1.2mg(妊婦の場合+0.3mg、授乳期の場合+0.6mg)です。
    どういった食べ物・食品にビタミンB2が多く含まれているのでしょうか。
    ランキング堂々の1位は「しろさけめふん」です。お酒のツマミとして愛用している人も多い白鮭の背わた(腎臓)を塩で漬け込んだ塩辛です。


    ランキング2位がレバー、ランキング3位がハツです。
    内臓系がランキング上位ですが、現在生で食べることは危険だとされていますので注意して下さい。


    食あたりや、感染症の心配があります。

    それにビタミンB2は水溶性なので、水などで沸騰させると流れて分解してしまいます。


    熱には強いですが、あまり洗いすぎないように調理をしましょう。


    また、ビタミンB2光にも弱いので注意が必要です。なので遮光性の高い容器にいれるように心掛けてください。

    ビタミンのランキングにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

    第4位は豚肉で、第5位がウナギです。



    B2は不足するとスムーズな発育・成長が阻まれますし、口の端が切れる口角炎、口内炎、舌炎などのように炎症が生まれ変わりが速い組織である皮膚に起こりやすくなります。

    尿として流れてしまうので、いくら過剰に摂取しても大丈夫なのも特徴です。